Nursery Rhymes Garage

マザーグース検索サイト〜収録歌数555編 (内 邦訳付き59編)
<< リトル・ミス・マフェット | Home | 1 2 バックル止めて >>

10人の黒人少年

10人の黒人少年 食事に出た
ひとりが喉に詰まらせて そして一行は9人になった

9人の黒人少年 全員寝坊
ひとりがとうとう眠りから覚めず そして一行は8人になった

8人の黒人少年 デボンへ旅行
ひとりがそこに居残って そして一行は7人になった

7人の黒人少年 薪を割る
ひとりが自分をブッた切り そして一行は6人になった

6人の黒人少年 蜂蜜を採る
ひとりが失敗 蜂に刺され そして一行は5人になった

5人の黒人少年 法律を学ぶ
ひとりが逆にパクられて そして一行は4人になった

4人の黒人少年 海へ出る
ひとりがニシンに飲み込まれ そして一行は3人になった

3人の黒人少年 動物園へ行った
ひとりが熊に襲われて そして一行は2人になった

2人の黒人少年 日向ぼっこ
ひとりが焦げ付き干上がって そして一行は1人になった

1人の黒人少年 1人で暮らしてた
しかしそいつが結婚すると そして誰もいなくなった



Memo:

nigger と言う単語がマズイのでしょうか、この歌、最近はほとんど取り上げられる事が無くなってしまいました。
言うまでもなくこの歌はアガサ・クリスティのミステリ『Ten Little Niggers(アメリカ版ではAnd Then There Were None)』に使われ、最後の文句『and then there were none』が大変有名になり、様々な所で引用されています。邦題である『そして誰もいなくなった』はそのアメリカ版から来てるんですね。まぁ『10人の黒人の少年』では何だか判らなくなってしまいますが。

この歌は1869年(1868年末説もあり)にイギリス人フランク・グリーンによって作られた歌なのですが、実はこの『Ten little nigger boys』には元歌が存在します。

それは『Ten little Injuns(10人のインディアン(Injuns))』という歌で、1868年、アメリカ人セプティマス・ウィナーによって作られた歌です。

Ten little Injuns standing in a line,
One toddled home and then there were nine.
Nine little Injuns swinging on a gate,
One tumbled off and then there were eight.

One little, two little, three little,
four little, five little Injun boys,
six little, seven little, eight little,
nine little ,ten little Injun boys.

Eight little Injuns gayest under heaven,
One went to sleep and then there were seven.
Seven little Injuns cutting up their tricks,
One broke his neck and then there were six.

Six little Injuns kicking all alive,
One kicked the bucket and then there were five.
Five little Injuns on a cellar door,
One tumbled in and then there were four.

Four little Injuns up on the spree,
One he got fuddled and then there were three.
Three little Injuns out in a canoe,
One tumbled overboard and then there were two.

Two little Injuns fooling with a gun,
One shot to other and then there was one.
One little Injuns livin' all alone,
He got married and then there were none.

比べてみれば解るとおり、内容はほぼ同じです。
つまり、オリジナルはこの『Injuns』であり、発表の翌年に輸入翻案されたものが『nigger boys』というわけなのです。

しかし『nigger boys』の方は、その後同じイギリスの作家アガサ・クリスティの小説『Ten Little Niggers(そして誰もいなくなった)』によって有名になり、今や後発の方が有名になってしまったという寸法です。

もちろん『Injuns』も『nigger boys』も一人ずつ減っていって最後には『誰もいなくなって』しまうわけですから、今更どうこう言う問題ではないのですが…。

しかし問題なのは『Ten little Injuns』には簡単バージョンがあって、現在ではむしろそっちの方が有名である、という処でしょう。
そう、例の、『Ten little Indians(10人のインディアン(Indians))』です。

One little, two little, three little Indians
Four little, five little, six little Indians
Seven little, eight little, nine little Indians
Ten little Indian boys.

Ten little, nine little, eight little Indians
Seven little, six little, five little Indians
Four little, three little, two little Indians
One little Indian boy.

一目見て判るように、この歌は人数 (1〜10)をカウントしているだけ、誰も『死んで』いなくなったりしません。最近では『10人のインディアン』として、こっちの簡易バージョンしか載せていないマザーグースも数多く存在します。

…すると、どうなるか??
『そして誰もいなくなった』の出典を『10人のインディアン』だと知って原典を当たったミステリファンにとっては「話が違うぞ???」となってしまうでしょう…。

…ううむ、まさに連続ミステリ事件、気が利きすぎた話ではあります。



Ten little nigger boys went out to dine

Ten little nigger boys went out to dine;
One choked his little self, and then there were nine.

Nine little nigger boys sat up very late;
One overslept himself, and then there were eight.

Eight little nigger boys travelling in Devon;
One said he'd stay there, and then there were seven.

Seven little nigger boys chopping up sticks;
One chopped himself in half, and then there were six.

Six little nigger boys playing with a hive;
A bumble-bee stung one, and then there were five.

Five little nigger boys going in for law;
One got in chancery, and then there were four.

Four little nigger boys going out to sea;
A red herring swallowed one, and then there were three.

Three little nigger boys walking in the Zoo;
A big bear bugged one, and then there were two.

Two little nigger boys sitting in the sun;
One got frizzled up, and then there was one.

One little nigger boy living all alone;
He got married, and then there were none.

(ODNR: 376)

Category: 【邦訳付一覧】 | 個別表示 | trackbacks(0)
◆この記事のトラックバックURL
http://nrg.mgjapan.net/trackback/243894
◆トラックバック